どうする家康展渋谷いつまで?アクセスやグッズなども調査

気になる
スポンサーリンク

1月8日から始まったNHK大河ドラマ「どうする家康展」が渋谷で開催されていて盛況です。
キャストのサイン色紙、衣装レプリカの展示、相関図や家康の年表が紹介されていてドラマをより深く味わうことができそうです。
また、NHKの最新撮影技術を体感できたり、登場人物の声を聴けるコーナーもあります。
展示は年末から始まっていますが、いつまで開催なのか、場所やグッズ販売があるかなどの情報も調べて書いていきたいと思います。

2023年大河ドラマ「どうする家康展」を紹介

「どうする家康展渋谷」の概要

場所   NHKプラスクロスSHIBUYA(渋谷スクランブルスクエア14階)
開催期間 2022年12月27日(火)から2023年2月3日(金)まで
営業時間 10:00~21:00(最終入館20:30)
入場料  無料

渋谷駅直結で入場無料なので、気軽に遊びに行けますね!
最終入館も20:30と、比較的遅くまでやっているので仕事帰りにも寄れそうです。

「どうする家康展渋谷」の見どころ・グッズについて

ドラマの世界をよりディープに感じられる展示

等身大パネル
松本潤さん、岡田准一さん、ムロツヨシさん(秀吉役)の等身大パネル!!
プレオープンの時と同じものだそうです。

家康・信長の衣装展示
展示されている衣装はレプリカになります。

「どうする家康」スペシャルムービー
ウェルカムメッセージや番組の見どころ映像を紹介しています。

番組紹介展示
登場人物の紹介や相関図、人物デザインの裏側も紹介

出演者サイン色紙
22名のサイン色紙が展示されています(写真撮影は禁止)

ドラマのワンシーンを音声で再生
家康、信長、瀬名の声がボタンを押すと再生されます。
初回放送の岡田信長の登場シーン、Twitterでも「怖い」という声が多数挙がっていました。その時のセリフ「待ってろよ竹千代、俺の白兎」がボタンを押すたびに聞けるそうです。
何回も押してしまう方が続出中!

家康の生涯や歴史
知っているようで知らない、家康の生涯を図や写真で公開

インカメラVFXで撮影体験
インカメラの撮影技術を使った、ミニチュア展示と映像がセットに融合した最新の撮影技術を体験できます。

無料なのに、これだけ盛りだくさんな展示を堪能できるなんてお得ですね!
「どうする家康」の世界がより深く楽しめそうで、ドラマ放映日の日曜が待ち遠しくなります。

メッセージカードを書くコーナーやお土産も
「どうする家康」あてのメッセージカードを書くコーナーもあるので是非書いてみてはいかがでしょうか?松潤が読んでくれるかも!?

「どうする家康展渋谷」グッズ販売は

公式サイトやSNSで調べてみましたが、オリジナルグッズの販売はないようです。
その代わりにポストカードがお土産でもらえるほか、メッセージカードの半券も持ち帰りができるそうです。
その、メッセージカードの半券には「全国巡回展」という文字が!
スタッフさんによると「2月に公式でご案内予定です」とのことです。お住まいの近くで開催されるかもしれません。楽しみですね。

「どうする家康展渋谷」までのアクセス

場所   NHKプラスクロスSHIBUYA(渋谷スクランブルスクエア14階)
渋谷駅直結・直上/地下出口番号B6
※エレベーターは混雑しているのでエスカレーターを使った方がかえって早いです

まとめ

1月21日(土)に岡崎で大河ドラマ館がオープンし、浜松や静岡もそれに続いてご当地はますます盛り上がりそうですが静岡や岐阜までは行けない、という関東近郊の方!渋谷会場は2月3日までとなっていますのでお見逃しのないようにしてください。
では最後にもう一度概要をまとめますね!

期間 2022年12月27日(火)から2023年2月3日(金)予定
時間 10:00~21:00(最終入館20:30)
場所 NHKプラスクロスSHIBUYA(渋谷スクランブルスクエア14階)
渋谷駅直結・直上/地下出口番号B6
入場無料

>>大河ドラマ館岡崎/浜松/静岡の予約方法は?チケットやグッズなど調査

コメント

タイトルとURLをコピーしました