スポンサーリンク
スポンサーリンク
【PR】本ページはプロモーションが含まれています

税務署からのお知らせ【国税還付金の電子発行を開始しました】のご案内は迷惑詐欺メール

迷惑メール

「税務署e-Tax国税電子申告・納税システム」から送られてきた【国税還付金の電子発行を開始しました】のご案内メールは

「フィッシング詐欺」です。
メールに記載のURLをクリックされないようご注意ください。

詐欺メールだという根拠と、送られてきたメールの内容をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

詐欺メールと思った根拠

詐欺メールと思った根拠を2つ挙げます。

昨今の迷惑詐欺メールはドメインやメールアドレスを偽装しており、この情報だけで判断するのは難しくなってきています。

最終的な判断は「公式サイト」を検索してご確認ください。

ホームページのドメイン

こちらは「e-tax」を検索して1位表示されている正規のサイトです。

ホームページのアドレスは「e-tax.nta.go.jp」が使われています。

一方、送られてきたメールの文面には「イオンカードログイン」が求められていますが、表記は「https://versaled.com」というアドレスで、「e-tax.nta.go.jp」が使われていません。

メールアドレス

送信元をタップするとアドレスが「infoemailt22@searchwebb.com」となっています。
↓また、正しいメールアドレスは以下の通りで「e-tax.nta.co.jp」が使われています。

正規サイトからも以下の注意喚起がされています。

現在、e-Taxから送信される「税務署からのお知らせ」に類似したメールなど、国税庁からの連絡を装った不審なメールが送信されていることを把握しており、「送信元表記のアドレス」や「表示名」などを国税庁で使用しているものに装っている(なりすましメール)場合もあります。
 フィッシングサイトへの誘導手段や手口は日々変化していますので、最新の手口については、「フィッシング対策協議会~フィッシングに関するニュース(外部サイト)」を参考にしてください。

https://www.e-tax.nta.go.jp/topics/2024/topics_hushinmail.htm
スポンサーリンク
スポンサーリンク

昨今、迷惑メールか判別するのが難しくなっている

多くのフィッシングメールは、メールアドレスやURLを巧妙に模倣しており、細心の注意を払わないと、それらを本物と間違えるリスクがあります。

メールアドレスやURLが精巧に偽装されているため、これらの情報のみでの判断は避けるべきです。

イオンカードへの問い合わせは、公式サイトを検索して確認してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

メール本文をクリックせず公式サイトから確認しよう

国税庁からメールが来たら、つい信用してクリックしてしまいそうになりますよね。
でも、まずはいったんメールを閉じてブラウザから検索をして公式サイトへアクセスしましょう。


こちらに表示されているのが公式です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

詐欺メール内容

注意喚起のため、届いたメールを全文記載します。(リンクは外してあります)

e- Taxをご利用いただきありがとうございます。

令和6年度の税制改正等のうち、以下の申告手続について、追加及び修正を行い。
税制改正に伴い、税金の状況をわかりやすくするため。
e- Tax の個人納税アカウントを持つことを全員に義務付けています
このメール受信後24時間以内に下記の専用リンクからe- Taxアカウントをご登録ください。

◯ 注意事項
以下のリンクから案内に従ってe- Tax個人アカウントの登録を行ってください。
案内メールの有効期限は令和6年04月02日となりますので、有効期限内に確認を行ってください。
⇒ https://versaled.com

※本メールアドレスは送信専用のため、返信を受け付けておりません。ご了承ください。
———————————————————-
発行元:国 税 庁
Copyright (C) NATIONAL TAX AGENCY ALL Rights Reserved.
———————————————————-
スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ

心当たりのないメール・宛名のないメールが届いた時はメールを閉じて、検索して公式ホームページで確認するようにしましょう。

メール文面から直接クリックしないようにしてくださいね。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました