アド街ック天国で紹介・川越うなぎの老舗小川菊(おがぎく)予約やアクセス・通販も調査

気になる
スポンサーリンク
うさママ
うさママ

一子相伝のタレって聞いただけで食べてみたくなるね!

2023年1月7日のアド街ック天国「川越」特集で取り上げられたうなぎの名店が気になる!
老舗の名店というと行列がすごそうですよね。あのうなぎを焼く香ばしいにおいをかぎながら順番を待つのもワクワクしますが、できれば並ばずにスムーズに入りたい!
そこで、予約やお店へのアクセス、持ち帰りなどができるのかも調査して書いていきたいと思います。

川越うなぎの名店小川菊(おがぎく)の紹介

小川菊(おがぎく)について

埼玉S級グルメ認定店の小川菊さん。江戸時代後期の創業以来200年以上受け継がれた一子相伝のタレと紀州備長炭で焼くうなぎは適度な甘みや香ばしさで評判です。

大正浪漫夢通りにある木造3階建てのお店は川越市の「都市景観重要建築物等」に指定されているクラシックな建物。
席は1階2階とあり、1階はバリアフリーでお年寄りやベビーカーの家族連れの方にも安心です。

▼メニュー一覧はこちらです。

うな重(香、お吸い物つき)特重 5,600円(税抜 5,091円)
上重 4,250円(税抜 3,864円)
うな重 3,550円(税抜 3,228円)
蒲焼特蒲焼 5,050円(税抜 4,591円)
上蒲焼 3,750円(税抜 3,410円)
並蒲焼 3,050円(税抜 2,773円)
鶏蒲三色(香・お汁物付)
鶏蒲焼・卵そぼろ・鶏そぼろの三色ご膳
埼玉県川島町矢部養鶏場トップラン卵使用
2,850円(税抜 2,591円)
ステーキ重(香・お汁物付)
国産黒毛和牛サーロインと季節の彩り焼き野菜添え
4,000円(税抜 3,637円)
お食事セット(ご飯・香・吸い物)500円(税抜 455円)
おかわりご飯
(中盛/50円増・大盛/100円増)
200円(税抜 182円)
肝吸い300円(税抜 273円)
一品料理白焼
3,850円(税抜 3,500円)など

小川菊(おがぎく)の予約

一週間前の同曜日から電話予約ができるそうです。
平日昼と土日祝の夕方の部の時間指定はオープンの時刻(昼11:00、夕方16:30)しか指定できないそうですが平日夕方は何時でも指定可能だそうです。
予約のない方は10時頃自動受付機が設置されるので、そこで順番を取ります。
数時間は待つようなので、先に順番だけとって観光や神社参り、買い物などを済ませてから戻って来てここで締めるのもありですね。

小川菊(おがぎく)のうなぎ、店内以外で食べられる?

小川菊(おがぎく)うなぎの出前・テイクアウト

注文は電話や店頭でできます!(持ち帰りの方は混雑を避け、事前連絡を)
時間指定の場合は前日までに連絡をお願いしますとのことです。
【注文専用フリーダイヤル】0120-940-830
TEL 049-222-0034
受付時間 10:00~18:30
定休日 木曜日(祝祭日を除く)・不定休あり

小川菊(おがぎく)お取り寄せ通販情報

お取り寄せもあります!!「うなぎ小川菊お取り寄せサイト」

・かば焼き2尾
・白焼き2尾
・詰め合わせセット(かば焼き、白焼き、山椒煮、刻みうなぎ)
フローズン液にパッケージした食品を入れて急速冷凍する技術を使っているので冷凍しても食品の品質が落ちることなくうまみだけを圧縮してお届けできるとのこと。
名店の味が並ばずに自宅で食べられるなんて魅力的ですね!

小川菊(おがぎく)へのアクセス

所在地  〒350-0065 埼玉県川越市仲町3-22
電話番号 050-5487-8790
定休日  木曜日(祝祭日を除く)
駐車場  3台

【電車】
西武新宿線 本川越駅 徒歩10分 
東武東上線 川越市駅 徒歩15分
【車】
関越自動車道川越ICから国道16号で仲町方面へ
店舗には3台停められますが、もしいっぱいだった場合の周辺駐車場は
NAVITIME
タイムズ
【akippa(あきっぱ!)】で事前予約(当日も可)
になります。

まとめ

いかがでしたか?川越うなぎランキング常連の「小川菊(おがぎく)」さんをご紹介しました。
最後にもう一度店舗情報をまとめます。

営業時間/ 11:00~14:00 (L.O.14:00) 16:30~19:30 (L.O.19:00) ※売り切れ仕舞い
定休日/ 木曜日 (祝日は営業。不定休あり)
総席数/ 50席 (カウンター席あり)
予約/ 電話事前予約可能・当日10:00より予約機でも取れる
その他/ 出前・テイクアウト・通販あり

小江戸川越の町並みを散策したり老舗で美味しいうなぎを食べる…大人の休日といった感じですね。
是非足を運んでみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました