スポンサーリンク
スポンサーリンク
【PR】本ページはプロモーションが含まれています

likedin【重要なお知らせ】Amazonアカウントのセキュリティ更新が必要です(自動配信メール)のご案内は詐欺迷惑メール

迷惑メール

linkedin」から送られてきたAmazonアカウントの支払い情報を更新してくださいのご案内メールは

「フィッシング詐欺」です。
メールに記載のURLをクリックされないようご注意ください。

詐欺メールだという根拠と、送られてきたメールの内容をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

詐欺メールと思った根拠

詐欺メールと思った根拠を2つ挙げます。

ホームページのドメイン

こちらは「Amazon」を検索して1位表示されている正規のサイトです。

ドメインには「www.amazon.co.jp」が使われています。

一方、送られてきたメールの文面からクリックを求められている先にカーソルを合わせると
表記は「https://024.keitourism.com/0504」というアドレスで、「amazon.co.jp」が使われていません。

メールアドレスのドメイン

メールの文頭に宛名がないのも違和感がありますが、送信元をタップするとアドレスがnotice@83HI82Kg.jpとなっており偽物だと認識できます。

さらに、企業から送られるメールとしては絶対にありえないのですが一斉メールの送信先すべてのメールアドレスがさらされています。

先頭は私のアドレスですが、どうやら「yahooメール」に一斉にフィッシング詐欺メールを送っているようですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クリックせず公式サイトから確認しよう

「アカウントの利用制限」をしますというメールが来たら、つい信用してクリックしてしまいそうになりますよね。
でも、まずはいったんメールを閉じてブラウザから検索をして公式サイトへアクセスしましょう。


こちらに表示されているのが公式です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

詐欺メール内容

注意喚起のため、届いたメールのスクリーンショットをご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ

「アクセスして情報を更新しないと特典が利用できません」というメールが来ると焦ってしまいがちですが、心当たりのないメール・宛名のないメールが届いた時は検索して公式ホームページで確認するようにしましょう。

メール文面から直接クリックしないようにしてくださいね。

追記

同じ送信元から【AEONアカウント】の利用を制限する旨を知らせるメールが届いています。
ご注意ください。

コメント

  1. 名前 より:

    ヤフーのフィルター掛けてもすり抜けてくる。。

    • さとみーる チロル部長 より:

      迷惑メールホルダーに入らずに受信箱に入ってしまうのはGmailよりもYahoo!メールが多いようです。。
      宛先が私のを始め、全部Yahoo!メールでした。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました